ホスファチジルセリン サプリ

ホスファチジルセリンを摂取するならサプリと食品どっちがいいの?

ホスファチジルセリンはサプリ?

 

ホスファチジルセリンを摂取するならサプリと食品どちらがいいのでしょうか?

 

集中力アップや判断力アップなど様々な効果をもたらす効果があり、学生だけでなく社会人にも人気急上昇中の成分で、最近ではサプリでも多く販売されるようになりましたね。

 

しかし、ホスファチジルセリンはサプリで摂取しなくても、食品も含まれている成分です。

 

意識してホスファチジルセリンが含まれている食品を食べていれば、わざわざサプリを飲まなくても効果があるのではないでしょうか?

 

ホスファチジルセリンを摂取するならサプリかそれとも食品どちらのほうが効率的に摂取することができるのか調べてみました。

 

 

ホスファチジルセリンは食品だけで補うのは不可能!?

 

ホスファチジルセリンが最も含まれている食品は大豆ですが、その他にも肉類や鯖、卵などにも含まれています。

 

日ごろから摂取しやすい食品ばかりですし、それならサプリでホスファチジルセリンを摂取する必要はないのでは?と思いますよね。

 

しかし、ホスファチジルセリンの効果を実感するのに必要な摂取量は100mg〜200mgとされており、1番ホスファチジルセリンの量が多い大豆でも1日約3,5キロ以上の大豆を摂らないと補うことができません。

 

そんな量の食品を毎日摂取することなんて現実的に無理なので、ホスファチジルセリンで効果を実感したいのであれば、サプリで摂取したほうが断然効率的に摂取することができます。

 

ですが、もしサプリを毎日飲むのであれば、副作用が出ないか心配になりますよね。

 

ホスファチジルセリンのサプリを飲むことで、副作用が出ることはないのでしょうか?

 

 

ホスファチジルセリンのサプリでは副作用は出ない?

 

ホスファチジルセリンは食品にも含まれている成分なので、副作用の危険はほぼありあせん。

 

あくまでもサプリであり、医薬品ではないので、薬ほどの即効性はないにしろ、体に負担をかけずホスファチジルセリンを摂取することができます。

 

ただし、過剰に摂取しすぎると、眠れなくなったり、胃腸機能が低下することもあるので注意しましょう。

 

また、就寝前に飲んでしまうと睡眠障害を起こすこともあるので、摂取するタイミングは朝、もしくは日中に摂取するようにしてくださいね。

 

 

大豆アレルギーの方は注意!

 

ホスファチジルセリンのサプリには過度に摂取しなければ副作用が起こることはありませんが、大豆アレルギーがある方は注意してください。

 

大豆にはホスファチジルセリンが多く含まれており、まれに大豆アレルギーの方が摂取するとアレルギー反応を起こすことがあります。

 

可能性としてはかなり低くはありますが、念のため摂取するのは控える、もしくは摂取後様子を見て体調が悪い日は飲まないようにしてください。

 

もしアレルギー反応が起きた時はすぐに病院へ行って診察を受けましょう。

 

 

食品よりもホスファチジルセリンのサプリを摂取しよう!

 

もちろんホスファチジルセリンが含まれている食品を積極的に摂取していくことも大事ですが、食品だけでは1日に必要なホスファチジルセリンを補いきることができません。

 

ホスファチジルセリン配合のサプリをうまく使って、効率的に摂取していきましょう。

 

ホスファチジルセリンを摂取することで、多動症状を抑え、正しい判断ができるようになる、忘れ物を減らせる、仕事や家事を順序だてて行うことができるなど様々な面で効果を発揮します。

 

最近では集中力を必要とするスポーツや囲碁や将棋などのゲームをする時に効果的だと使用者は日に日に増加しています。

 

ホスファチジルセリンに興味があるなら、食品を摂ることももちろん大事ですが、手軽に1日に必要なホスファチジルセリンの摂取量を補えるサプリを使ってみてはいかがでしょうか?