ホスファチジルセリン 眠気

ホスファチジルセリンは眠気防止に最適!?コーヒーよりも効果がある理由とは?

ホスファチジルセリンはコーヒー以上?

 

眠気防止と言えばコーヒーですが、ホスファチジルセリンを飲むことで、いつも日中眠くて仕事が捗らない人でも眠気防止効果があるって本当でしょうか?

 

多動症などの発達障害の症状を緩和させる効果があるとしてホスファチジルセリンは業界内からも注目されている成分ですが、その効果は主に行動を落ち着かせる、集中力をアップさせる、正しい判断ができるようになるというものでした。

 

しかし、最近の研究では眠気防止にも効果があることが分かり、まだ昼間なのに眠気が止まらなくて仕事や家事に集中することができなくて、ミスを繰り返してしまう…なんて方にはぴったりの成分です。

 

ホスファチジルセリンのサプリも販売されているので、ネットでも気軽に注文することができて便利なのですが、なぜホスファチジルセリンは眠気防止に効果があるのでしょうか?

 

 

眠気防止に効果がある理由とは?

 

ホスファチジルセリンは集中力をあげる効果があるので、脳の神経細胞が活性化され、眠気も起こりにくいのでは?といわれています。

 

まだホスファチジルセリンを飲むことで眠気防止効果につながるという臨床試験などは行われていないようですが、ホスファチジルセリンを飲むことで日中の眠気がなくなったと口コミでも多くの方が投稿されているので間違いないでしょう。

 

この成分の特徴として、主にADHDの方が多く摂取している成分なのですが、もちろん発達障害がなくても、仕事の集中力をあげたい、眠気がひどくて仕事や家事がすすまない、何事にもやる気が起きないなどの方にも非常に効果があると話題になっています。

 

 

眠気防止だけじゃない!?寝起きが悪い人にもおすすめ!

 

ホスファチジルセリンは眠気防止にも効果的と言われていますが、寝起きが悪い人でもすっきり目覚めることができるという効果も認められています。

 

脳の神経物質が機能低下していると、寝付くのに時間がかかったり、寝てもすぐに起きてしまうなど睡眠障害で悩まれている方にもおすすめです。

 

 

副作用の危険性はないの?

 

ブレインフードと呼ばれているホスファチジルセリンは、もともと脳内に存在するので、もし目安以上に摂り過ぎたとしても副作用を起こすことはほとんどありません。

 

一番多い含有量の食品だと大豆に多く含まれており、食品にも含まれている成分なので、安心して摂取することができますね。

 

どんな成分でも同じですが、どうしても体質に合わない場合もあるので、ホスファチジルセリンを摂取して体調が優れないなどの副作用を起こしている場合は使用を止め、すぐにかかりつけ医に診察してもらいましょう。

 

 

食品だけで補うことはできないの?

 

眠気防止効果をもたらすために大豆などのホスファチジルセリンが含まれている食品だけで補うことはできないのでしょうか?

 

1日に必要なホスファチジルセリンの摂取量は最低でも100mgは必要です。

 

1番ホスファチジルセリンの含有量が多い大豆でも1日約3,3キロほどの大豆を摂取しないといけません。

 

そんな量を毎日食べ続けていくことはできないですよね。

 

そのため、眠気防止や集中力アップなどのためにホスファチジルセリンを摂取しようと思われている方は意識して大豆を摂取することも大事ですが、効率よくホスファチジルセリンを摂取するためにサプリを飲んでくださいね。

 

 

眠っている時間は長いはずなのに、まだ昼間でも眠気が止まらないと悩んでいる方は意外にも多く、最初はただ眠気が止まらないだけでも悪化すると睡眠障害などを引き起こしてしまう原因になります。

 

サプリで効率よくホスファチジルセリンを補うことで、ミスも減り、仕事も評価されるようになるなど現代人にホスファチジルセリンは欠かせない成分です。

 

ネットで簡単に買えるので試してみてはいかがでしょうか?